follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2005年11月10日

    メンタルトレーニング

    ウチのK太は気が小さいというか,気が弱いというか…。まぁよく言えば「優しい」 気持ちのある子なのだけれど,なんにせよ,どうもイマイチ覇気が無い

    もちろん,練習の時などは大きな声を出してがんばっているんだけれど,先日来の三角ベースの件といい, すぐ弱気になるというか,引いてしまう。(そのくせ家では我がまま放題)

    今日も「○○さんや◇◇さんがぼくのことをデブって言うから嫌な気持ちになる」とかいって, ちょっと練習に行きたがらなかった。
    あのなぁ,自分の体をよく見てごらん。4年生とほとんど変わらないか, お前の方が大きいじゃない。K太がデブなのは本当のことでしょ。『デブ!』 って言われたら 『チビ』って言い返してやれよ!」といったものの…。 それができれば苦労はしない,と。

    以前のコメントでShinさんに
    >でも、引いてしまうのは、心の発達が他の子供より早いからかもしれないですよ(^_^)
    と言ってもらって「そうか〜,そうかもしれないなぁ」 と思ったりもしたのですが…。う〜ん。wagakowo

    仮に本当にK太の心の発達が早いのだとすれば,もう少し「心」を強くするというか, K太の気持ちについてもっと関心を持ってやらないといけないかなぁと思っていたら, こんな本を見つけたので,買ってみた。

    我が子をプロ野球選手に育てる本

    いや,別にK太をプロ野球選手にするつもりはまったく無いんですけど, この本の中に「メンタルトレーニング」の章があったので(あと, 食生活の章も面白そうだったので)買ってみました。

    メンタルトレーニングの章には心理状態チェックリストなるものもあったりするので, K太にもわかるように文章に手を入れて一度チェックしてみようかなと思います。我が子ながら何を考えてるか,わからんですよ。ホントに。 (-"-;)

    ちなみに,愛工大名電時代のイチローの心理状態チェックリストが参考で掲載されていましたが「やっぱ,すごいわこいつ」と思ってしまいました。

    クリックよろしく! →人気blogランキング参加中

    posted by K太父 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 共育・育自日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    はじめまして。うちの子供も少年野球を始めてやっと半年、それなりに上達はしているようですが、やはり

    >「○○さんや◇◇さんがぼくのことをデブって言>うから嫌な気持ちになる」とかいって,ちょっと>練習に行きたがらなかった。

    のようなことがあります。うちの場合は、「言いたい奴には言わせとけ、相手にするな。」などと言って励ましてやりますが…。
    ご紹介の「わが子をプロ野球選手に育てる本」、参考になりそうですね、早速購入してみようと思います。別にプロに行かせようとは思っているわけではないのですが…。
    Posted by うめたろう at 2005年11月11日 02:22
    K太父さん おはようございます。
    弱気に成った時、何でも良いから何か一つ他の子には負けない事を作ってやるのも良いかと思います。お前には、こういう優れた面が有るという自信です。
    また体型的な事を言われて同じ様に言い返すと同じ事での責め合いに成ってしまいます。怒ったり困った顔をするのが面白くて言うのでしょうね。
    虐めは些細な事から始まりますので言う方の人数が多く成れば要注意です。
    Posted by くるみ at 2005年11月11日 07:09
    野球で。野球でもっともっと自信をつけさせてあげましょうよ。

    我が子も、気の強い子の子供独特な強い発言に対して言い返しません。
    それが元で、野球を始める1年の時に1日だけ登校拒否をしました。

    私は、言われたら言い返せ!黙ってるから言われるんや!という感じの事を伝えましたが、息子は今でもほとんど言い返しません。

    聞いてみると、アホな奴らはほっとくねん!と。
    それでも、それだけでは、ダメだと思い、私は2年になって息子が野球を始めた時、女房とも話しをしました。

    「野球の上達が息子の友人関係や、息子自身の人生にすべての影響を与える」と。

    人から見えない所で努力し、結果を出していく事で、誰も何も言わなくなる。また周囲の言葉に対して、気にならなくなる。
    それでも、その時に、今まで言われてきた子供に対しても、優しく接してあげられる。

    そんな子供になってくれるよう、日夜子供と格闘しています。

    ごめんなさい。偉そうに書いてしまいました(^o^)
    Posted by Shin at 2005年11月11日 12:00
    うめたろうさん,ようこそ!

    ブログ,見させていただきました。ウチのK太もビーダマンでよく遊んでますよ。(^^)

    K太には,デブと言われて嫌な気持ちになったら,その気持ちをどういう方向に持っていくか,ということも教えてやろうと思ってます。

    デブと言われないようにシェイプアップするのか,それとも二度とそう言わせないように相手に向かっていくのか?

    親にグチグチと泣きを入れるようでは「ダメ」です。でも,困ったことに,K太は私の子どもの頃に似てるんですよねぇ。はぁ…。
    Posted by K太父 at 2005年11月11日 22:13
    くるみさん,こんばんは。(^^)/

    K太も,かなり自信は持ってきているはずなんですが,今回は相手が上級生(4,6年生)だったので…。

    それよりも,K太の名前にはご覧のとおり『太』という字が含まれています。K太には,
    「K太が生まれた時,お父さんは元気で大きな君を見て,君の名前には「大きい」という意味の『太』をつけようと思ったんだ。もっともっと大きく,強い子になるようにってね」と話した事もあります。

    でも,今のところはどうしても自分の体型にマイナスイメージばかり持っているようですね。

    やっぱり,走らせないとダメかなぁ。
    Posted by K太父 at 2005年11月11日 22:58
    Shinさん,ノブ君の意外な面を見た気がします。というか,やっぱり小学2年生なんだなぁと少し安心(?)しました。

    いや,ウチのK太は残念ながら多分,野球自体ではそれほど強い自信を持つことはできないでしょう。
    ただ,自分からやりたいと言い出した野球をずっと続ける事がこれからのK太の自信につながっていくんじゃないかなと思います。

    この続きは次のエントリーで…
    Posted by K太父 at 2005年11月11日 23:22
    はじめまして。”少年野球 トレーニング”で検索して、こちらのプログを見つけてお邪魔しました。今年6年生になる息子がいる母親です。野球チームの会長をやらせてもらっています。
    うちの息子も、親ですら”ブータン”と呼んでしまうくらいの体型で、二年生で野球をやり始めた時はコロコロに太っていて、監督やコーチから影で”辛くてすぐに来なくなるだろう”と言われていました。でも、4年生ごろから弱小チームなのでボツボツ試合に出るようになり、野球はチームプレイですから、迷惑は掛けられないと、親子で必死に少しでも上達するように頑張りました。
    親は、仕事や家事に忙しいけれども、やっぱり
    口だけではなく、例え自転車でもいいから、
    親も一緒に子供が頑張っている時間を共有して
    あげれば、子供は絶対に頑張ります。
    良く頑張ったね、本当に頑張りやサンだね、と
    言い続けて、何を頑張ったのかを具体的に褒めて
    あげたら、必ず子供は前へ前へ進んで行きます。
    まだ、二年生だと言う事なので、今は野球を楽しむ事が一番大事です。走り込みを始めるのは、
    4年生くらいになってからでいいと思います。
    私は、「やせる為に走ってるんじゃないよ。大きな体のままでもいいんだけど、そうなるとどうしても足に負担が掛かる。膝とか足首とか、ひどくなると骨折する事もあるんだよ?そうなるの、いやでしょ?自分の体を守る為に走るんだよ」と
    言って走らせてます。言葉も行動も子供が可愛ければ、惜しんじゃないけないと思ってます。
    デブって今は言われていても、4年生になった頃から毎日何かしら練習を積んで、その経験を積み重ねていれば、絶対に自分はこれだけの事が出来るんだ、って言う自信がつきます。
    今は、楽しく。もっと上手になりたい、と思ってもらえる様に、親はじっと見守っている時期ですから、どうか辛抱強く、K太くんを見守って
    上げて下さいね。

    Posted by yokkin at 2006年03月24日 10:59
    yokkinさん,こんばんは。
    せっかくご訪問いただいたのに,コメント返礼が遅くなりまして申し訳ありません。

    「やせるために走るんじゃない,自分の体を守るため」という言葉,いただきます。

    私はついつい口が先にでてしまい(しかもキツイ口調で),辛抱強く見守る事が出来ないので,いつも反省しています。
    でも,K太と一緒に野球を楽しんで行きたいという気持ちは持っているつもりです。
    K太が気持ちよく,楽しく野球が出来るように,気をつけてやりたいと思います。
    Posted by K太父 at 2006年03月26日 22:07
    「太」関係ならお任せ下さい。

    大丈夫。うちも間違いなく太いです。(ご存知の通りです)
    でも唯一それでいいところもあるのです。

    バッティング。当たったら大きい。
    やはり体重がのっかって芯に当たったらバカあたりします。チームのだれにも負けません。
    がんばれ!!(安易?)

    あとウチの兄さんもでかいですが
    小学校のときのアンパンマン系が中学になるとちゃんとがっちりと変身しました。

    もりもり食べて たくさん動いて野球を楽しもう!
    一緒に頑張ろう!K太クン!
    Posted by 健の母 at 2006年03月26日 23:38
    健の母さん,こんばんは。

    そうですね,バッティングは「当たったら」大きいですよね。
    でも,K太はまだまだ「当てる」までの苦労が…。
    更に,ウチのは鈍足なので,本当に外野の頭を超えるぐらいのバカあたりじゃないと,ライトゴロは当たり前,センターゴロやレフトゴロでファーストアウトということもありえますから…。

    健の兄さんがアンパンマン系から「がっちり」系に変身したというのは心強いお言葉です。

    とにかくもっともっと動かないと!
    健くんもがんばって下さいね!
    Posted by K太父 at 2006年03月27日 00:12
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。