follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2005年10月31日

    癒し系ブログ返上?

    はじめにお断り。
    今回はホントに癒し系ブログにはふさわしくない,ただのオヤジのグチ(しかも長文)です。

    で,最悪の気分について。

    丸々2日以上経っているので「もうどうでもいいや」という気持ちも半分。 でも,思い出すとやっぱり嫌〜な気分になってくる。

    K太がコンビニで買いたかったものは「ガチャポン」。1回100円のを2回分。車に乗ってすぐ, 家に帰るまでのわずかな時間も惜しんでケースを開けて遊んでいる。

    そして,家に着いて「すぐに着替えて宿題をする」はずが, K太はいつまでも着替えもせずにガチャポンのおもちゃで遊んでいる。
    ほら,風邪ひいちゃうから早く着替えなさい
    はぃ 」【ガチャポンのおもちゃで遊んでばかりで動こうとしないK太】
    ちゃんと着替えて宿題やっつけちゃおうよ
    はぃ」【同上】
    私がひとこと言ってK太が「はぃ」と返事をする会話の繰り返し。 (これでも会話か?)

    とにかく私が何を言っても,K太はまともに顔を向けず,かろうじて「はぃ」「はぃ」 と蚊の鳴くような声でしか返事をしない。
    さっきまでの練習で大きな声を出していた,車の中でも「うん,わかっとる。 ちゃんと宿題するけぇ」 と言ったK太と,目も前にいるK太が同一人物とは思えない。

    しばらくして私の様子,口調から 「ぼくが約束をやぶったことでおとうさんが怒っている」ということがようやくわかったのか 「…ごめんなさい」と謝ったものの…。そのあとが続かない。


    とにかくこの日は自分から言い出した約束を守ろうとしないK太に対して無性に腹がたって 「表に出ろ!外で頭を冷やして考えろ!何がごめんなさいだ!! 」と外に引っ張り出す。

    しばらく外でふたりが向き合っていたが,妻が「そこまですることはない!」 と間に立って,K太は家の中に入れてもらう。

    で,この辺から最悪の気分にどっぷりとつかる

    • K太は本当に自分が悪いことをしたと思って謝ったのだろうか?K太を信頼できない?
    • 私が怒る事で,ごめんなさいと「言わせている」のだろうか?K太に無理強いをしている?
    • 妻は「そこまですることはない」と言うが,叱っていた私の立場はどうなるのか。行き過ぎていたのだろうか?
    • 妻に言われて引き下がった自分も結局K太を甘やかしているんじゃないか?
    • それとも,やっぱりこんな些細な約束をやぶられたことで感情的になっていたのだろうか?

    いままで,こんな本や, TVでドラゴン桜が話題になる前からこんな本を読んだり (続編のプロ親になるはまだ読了していないけど)こんな本も読んだ。
    百ます計算の陰山先生の学力は家庭で伸びるも読んだ。子どもの自立と学力に迫るというサブタイトルに引かれて愛されて育った子は親を忘れないという本も読んだ。

    でも,結局すべて自分の自己満足だったような気がして…。
    なんだかなぁ〜もう,最悪」と, まぁ要するに叱った本人が落ち込んでいたというわけです。
    で,叱られていた本人はケロッとしているんですよね,これが。(腹立つ(-"-)〜!)

    以上,グチはこれで終わり!

    posted by K太父 at 18:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 共育・育自日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    私がチームメイトのお父さんだったらこう言います。
    「そげなもん、一発はたいて、ガチャポン取り上げ〜だがな。泣いたら、おっかあが慰めてごしな〜けん。
    一家におっかあは2人いらんがね。」
    大人だからと言っていつでも大人しくしている必要はありません。
    本に書かれているのは理想なんだろうけど、理想と現実をうまく折り合いつけることも必要です。
    そのほうが気楽ですって。
    Posted by Skyboys広報 at 2005年10月31日 20:52
    K太父さん、こんばんは。
    私は野球以外には一切、子供を怒らないんです。
    生活や勉強は妻に任せています。
    というのは、本当に怒らなければいけない時がくるまでは、私が怒るのをとって置こうと思っています。

    例えば、万引き、いじめ、集団暴力(ケンカはOK!)など、本当にいけない事は、私が飛んで行ってぶんなぐります。父親最終兵器とでも考えています^^
    だめですかね?
    Posted by metoo at 2005年10月31日 23:02
    私もmetooさんと似てるようです。
    息子には今まで野球以外では怒った事ないです。
    ただ野球の時は大声を出して怒ったこともあります。思わず感情的に走った事もあります。
    その分かもしれないですが、野球以外では結構あまい所あるかもしれません。
    女房に隠れて、女房がダメとしてる事でも、
    「内緒」として息子と私だけの秘密を作ったり・・・。

    いつか、必ず心から「叱る時」がくる。
    なければそれはそれでいいのですが・・・。

    野球以外のスタンスは
    まったく大きな子供みたいなものかもしれません。(=^_^=)
    Posted by Shin at 2005年10月31日 23:35
    そうなんですよねぇ。「いざ」っていう時にだけ父親が出ればいいと思っているんですが,どちらかというとウチの妻は大雑把というか,おおらかっていうか…。
    それはそれでいいと思ってますが,その分,ついつい,細かい事まで私が口を出してしまうのです。

    そうかと思うと,妻は「体罰反対主義者」ですので,私が子供たちに手を挙げることについては有無をも言わせず,私が悪者になります。

    妻もこのブログを見ているハズですので,これ以上は差し控えさせていただきますが(^^ゞ

    おい,どう思うよ>妻
    Posted by K太父 at 2005年10月31日 23:58
    どこも同じなんだなぁ〜と思い、少し安心してしまいました。(失礼!)

    我が家もそんなことの繰り返しです。
    お互い頑張りましょうね。
    Posted by 星 十徹 at 2005年11月01日 00:06
    愚痴になってしまいますが、我が家も似た所があります。
    私が子供達を叱りますと、必ずと言っていいほど、妻が口を挟みます。
    「お前は黙ってろ!」と退けても、妻は介入を止めません。そこから夫婦喧嘩に突入です^^

    夫婦で方針が違うのも仕方がないかもしれませんが、大事な話は尊重し合うというか、少なくとも子供の前で子供を擁護するのは止めてほしい。
    子供がいない時に、意見を言ってくれたほうが助かります。
    Posted by ドラ夫 at 2005年11月01日 00:07
    いやぁみなさん,私のグチにお付き合いいただいてありがとうございます。m(_ _)m
    最悪の気分からかなり解放されました!

    それにしても,どこの家庭にもあることとはいえ,悩ましい限りです。特にドラ夫さんところとウチはかなり似ているようですね。
    我が家は最近では,何かというと「おかあがいい!」「おかあさぁ〜ん!」と父から逃げていきます。
    ちょっと前までは「おとうさん抱っこして!」といっていたT子まで…(;_;)
    Posted by K太父 at 2005年11月01日 00:40
    K太父さんおはよう御座います。
    結局のところK太君は、宿題をやる気が無いのですね。やる気が無い時、怒ってつまみ出しても余計やる気が無く成りませんか?
    私も家では殆ど勉強の話をしませんが、妻がこう話した事が有りました。「今回70点取れたから今度は、75点取るように頑張ろうね」いきなり80点じゃなく75点にするのは徐々に頑張らせたいから・・・何て話した事が有りました。
    ごめんなさいと言うだけ可愛いじゃ無いですか!大きく成るとふて腐れて自分の部屋に行っちゃいます。怒ったしこりを寝る前に戻さないと目覚めが悪いと思います。今日の揉め事は今日のうちに終わらす。それが我が家の方針です。K太父さん それも子育ての貴重な経験です。そんな事でも楽しみましょう。
    Posted by くるみ at 2005年11月01日 06:53
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/8808285
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。