follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2008年02月02日

    野球への恩返し

    今日も「フルスイング」,見てました。
    これを見よう!とドラマのためにテレビの前に座るなんて,なんだか久しぶりのような気がします。今回の話もよかったですね。

    細かいところではちょっと気になることがあったけど。
    野球部監督の奥さんとのからみとか。まあ,そんなところはいいか。

    今回は野球の話だったせいか,高橋さん演じる「高さん」もどっしり感があったように思います。 1〜2回はおどおど感がありましたけど,それが感じられませんでしたね。なかなかの役者さんですなぁ。

    私がとりわけ心に残ったシーンは,
    予選1回戦を突破した日の夜,監督が高さんが贈った全国制覇と書かれた横断幕のことにふれる場面です。

    「あの横断幕はいい景気づけになりました」と言った監督に対して,「あんたはそんな気持ちでいたのか!?」 と答えたシーン。

    負けることを考えて試合するような子はいない。ひとつひとつの試合を勝っていくことを考えている。 それが全国制覇につながるんじゃないのか。

    もうひとつは,高さんのクラスの野球部員が試合で打てないことに悩んで夜遅くに高さんを訪ねる場面。バッティングの教えを乞うその子の手を見て「大丈夫,そのままでいい」と話しかける…。

    それから,高さんの野球への思いや野球への恩返しがしたいという思いが語られるいくつかのシーン。

    どの場面も,下手なドラマだとちょっと臭い芝居になりがちなところですが,素直に「あぁ,いいなぁ」 と思えました。

    特に,「野球への恩返しがしたいんじゃ」というセリフは染みました。
    私はプレーヤーとしての野球経験があるわけでも無く,指導者でもない。息子が野球をしているだけで,そのつきそいとして,この何年か野球 (少年野球)に関わってきただけです。

    そんな私でも,「野球っていいなぁ」と思うことがいくつもありました。野球を通じて, 教えてもらったことがいくつもあります。
    それを誰かに伝えていきたい。そう思うことが「野球への恩返しがしたい」という気持ちにつながるような気がして, とてもおこがましいんですが,共感してしまいました。

    ま,あまりあれこれと細かいことを考え過ぎてもいけませんな。とにかく元気の出るドラマということで, 来週も楽しみです。

    posted by K太父 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    私も普段連続ドラマを見ることがなくて・・・

    でも今回は楽しみにしていました。
    恩返し、の場面良かったです。
    全く同感で普段ならちょっとねえ〜と思う場面もこのひとなら本当にこんな風に語ったのだろうな、と素直に見ることが出来ました。

    野球の場面だとどうしても我が家の現役選手たちは<ちょっとねえ〜〜>等の口を挟むんで それがうるさいのですが。

    野球部監督の俳優さん(萩原聖人?)は映画バッテリーでも出ていましたね。
    野球の経験がある方なんでしょうか。

    ちょっと悲しい展開になりそうですが最後まで見ようと思います。

    追伸
    K太父さん、私はマリーノが心配です。
    Posted by 健の母 at 2008年02月04日 10:16
    私もホントにドラマを見なくなりました。

    監督役の荻原さんは草野球のピッチャーでバリバリやってるみたいですよ。かなり速いそうです。

    確かに,後半は悲しい展開になるわけですが,私も最後までしっかり見届けようと思っています。

    追伸
    私はまだ読んでません。読み出したら徹夜しそうで…。
    Posted by K太父 at 2008年02月04日 23:06
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。