follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2007年07月23日

    ピッチャー強襲!

    今日の夕方,K太を誘って広場でキャッチボールをしていました。

    自主練とかではなくて,純粋に「キャッチボール」だけのつもりでしたが,しばらくキャッチボールしたあとは「トスバッティング」 (ペッパー)をしておりました。

    その時,事件が起こりました。

    K太がピッチャー役で投げている時。K太が投げたボールをジャストミート! ピッチャー返しでK太を直撃してしまいました。

    おいおい,そこの親父,なに危ないことしてるんだよ!と思ったでしょ。違うんだなこれが。

    打ったのはウチの娘のT子。

    広場に一緒に来ていたT子に,K太が「打ってみる? 」とバットを渡したら,珍しく素直にバットを受け取りました。バットを構えるT子。投げるワタシ。(もちろん下手投げ)

    親バカかもしれませんが(って,親バカだよ),T子って, 真面目にやったらホントに野球がうまくなるんじゃないかなって思います。時々シャトルバッティングをしていたからか,意外と当たる。 もちろん空振りのほうが多いんですが,それでも,3〜4回に1回はちゃんとバットに当たるんですよね。それも,ボテボテじゃなくて, ちゃんと前に飛ぶ。ヒット性とまでは言わないけど。

    しばらくは私が投げていたんですが,「今度はぼくが投げてあげる」とK太に交代。K太が投げはじめてから, T子もだんだんといい感じになってきました。打球がピッチャー方向に行くようになりました。

    で,K太が投げたボール「お!ど真ん中, これはいい球だ」と思った瞬間,T子のバットが炸裂!

    うぅっ(@_@;)!

    ボールはお腹辺りを直撃。K太も,まさかピッチャー返しが来るとは思っていなかったことでしょう。 (距離も近かったですからね)突然のことで,ビックリ。何よりも打ったT子本人が一番ビックリ。すごい当たりをしたこともですが, お兄ちゃんにぶつけちゃってビックリというところです。でも,いい当たりだったなぁ。

    そうそう,ぶつけられたK太ですが,「大丈夫, 大丈夫だけぇ。これくらい平気」とT子に強がりを言っておりました。けっこうビビッていたと思うんだけどな。 痛かっただろうし。兄としての見栄ですな(^^)
    ふたりの様子をほほえましく見ていた父でした。

    それにしても…
    やっぱり胸部プロテクターは必要だわ。

    posted by K太父 at 23:08| Comment(8) | TrackBack(0) | Hスポ少野球部〜2008.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    T子ちゃん、野球への道が始まりそうですね。いつ入団するのかなぁ?

    K太君の“兄の見栄”は分かります。^^
    格好良いお兄ちゃんまっしぐらですね。
    Posted by スマイルヒット at 2007年07月24日 00:37
    我が家でも言えることですが、兄弟の場合、上の子よりも下の子の方が何事においても「強い」と思いません?
    野球におても、女の子だとしてもそうなのかもしれません。
    さぁ、ここに新たにもう一人の野球小僧、いや野球少女の誕生か?
    Posted by ゆうちろ at 2007年07月24日 10:00
    T子ちゃん、やりますねぇ(^_^)
    日頃のオテンバぶりからすれば、これも当然か?^_^;

    なんとか野球に関心を向けさせ、チームに誘導する術を考えましょうよ^^ 
    そうなればこのブログのタイトルも、『ぼくとわたしの・・』に変更ですね^^
    Posted by ドラ夫 at 2007年07月24日 23:17
    手加減がわからないのでジャストミートしたのでは・・・。
    最近は女の子でも野球チームにいますからね。
    うちの隣のチーム(長年ライバルです)のキャプテンは女の子、しかも時々ピッチャーで投げることも・・・。
    K太父さん考えてみては?
    Posted by TOH at 2007年07月25日 20:33
    ドラ夫さん,こんばんは。

    ホントにT子は「いいんじゃないの〜?」と思うんです。
    なんとか野球に関心を持たせようと思うときもありますが,やっぱり,無理です。
    Posted by K太父 at 2007年07月27日 22:32
    あれ?スマイルヒットさんとゆうちろさんへのコメントが入ってないぞ??

    というわけで,スマイルヒットさん,あらためてこんばんは。

    T子の野球への道は,十中八九ないでしょうね。 もう,期待していません。本人にまったくやる気がないですから。
    K太が見栄を張れるのは唯一,妹くらいですからねぇ。精一杯の虚勢だったと思います。 もし,私がぶつけていたら涙をポロポロ流していたと思いますよ。
    Posted by K太父 at 2007年07月27日 22:37
    ゆうちろさん,こんばんは。

    ウチのT子が「強い」かどうかは別にして…。でも,兄妹ケンカの時は負けてないなぁ(口先だけですが)
    たしかに,強いというか,要領がいいですよね。

    野球少女の誕生は…宝くじに当たる確率くらいでしょうか。
    Posted by K太父 at 2007年07月27日 22:41
    TOHさん,こんばんは。

    確かに手加減はできなかったでしょうね。
    いつもはプラバットで遊んでいましたが,このとき使っていたのは木製バット。力も入れていたと思います。

    >K太父さん考えてみては?
    いや,ちょっと前までは考えていたんですが,もうあきらめました。
    Posted by K太父 at 2007年07月27日 22:44
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/49018090
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。