follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2006年05月30日

    ピッチャーやったぜ!

    今日は週末の練習試合の結果をまとめようと思いつつ,でも,我が子の日記を読んだら,こっちをアップしたくなってしまいました。

    例によって,K太の直筆ですので,解読の方, よろしくお願いします。(^^ゞ

    nikki29May05

     

    K太にはこの時のことを色々と聞いてみました。
    その中で,K太にあらためて感心したのが,次の問いかけに対しての答えでした。

    満塁になって,フォアボールで押し出しになって, どうしようと思った?
    なんとかせんといけんと思った

    私がK太だったら「もう,マウンドから降りたい, 代えて欲しいと思った」と答えたでしょう。
    K太の正直な本音はどうだったかわかりません。でも,親に対するカッコつけだとしても,これは私にとっては100点満点の回答です。
    実際は,K太が何とかしたわけではなく,キャッチャーや,バックに助けられて(何よりも監督に辛抱してもらって) 何とかマウンドを守りきったわけですが,それでも「気持ちは逃げていなかった」

    えらいぞ!K太 ということで,

    初めて動画をアップします。K太のマウンドからのピッチング練習です。バッターとの勝負の時も撮影しようとおもったのですが, 皆さんにお見せできるようなものはありませんでした。
    /media/img_20060530T045506618.png
    クリックよろしく! →人気blogランキング参加中
    posted by K太父 at 01:54| Comment(16) | TrackBack(0) | ピッチャーやろうぜ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    偉いぞ、K太君!
    その気持ちを忘れないで!
    仲間のファインプレーに手を上げてありがとうの合図を出したり、ロージンで精神集中したり、牽制でアウトにしたり、これから楽しみですね。

    ワクワク感が字に表れてますよ^^
    字が楽しそうに踊ってますもん^^
    Posted by 背番号29 at 2006年05月30日 09:19
    前々回の練習試合でウチのねまあを押し出しのフォアボールをやらかし、途中交代しました‥。K太くんと違って気持ちで負けていましたね。少しK太くんを見習わなければいけません。
    Posted by ゆうちろ at 2006年05月30日 10:04
    K太くん、もっともっとポッチャリさんかと思ってました^^
    ゴメンなさい・・・
    ちゃんと謝ることができる立派な大人を目指しています^^

    これまでのエントリーの中で抱いていたイメージと「なんとかせんといけん」という強い気持にギャップを感じてしまいました。
    ゴメンなさい・・・
    ちゃんと謝ることができる立派な大人を目指しています^^

    でも、この"前向き"さがあれば、K太くんはバッチリのピッチャーになれる気がします。
    ピッチャーに必要なのは技術ではなく「負けない気持ち」だと思いますよ。
    Posted by さとる at 2006年05月30日 12:42
    本当にいよいよですね!^^
    随分前から「いよいよですね!」って書いてきた気がしてますが、本当にいよいよ!のようですね^^!頑張れ!
    Posted by Shin at 2006年05月30日 14:14
    >なんとかせんといけんと思った

     K太くんカッコイイ♪
    その答が言えれば、もう立派なピッチャーだ〜♪

     ピッチャーに大切なもののひとつは、
    【敵に立ち向かう勇気】だと思うのです。
    コントロールや球速は練習次第で何とでもできる!
    大事なのはその【ハート】だ!

     頑張れ!K太くん!
    Posted by でぃあ at 2006年05月30日 17:43
    皆さんが仰ってますが、ピンチの場面で「なんとかしよう」という気持ちを持てるのは、4年生では少ないと思います。K太君、投手の資質「有り」ですよ^^

    動画を拝見しましたが、まだ原石ですね。これからどんどん磨いていきましょう! 本人のやる気があればきっと輝く事間違いなしです^^

    Posted by ドラ夫 at 2006年05月30日 20:50
    背番号29さん,こんばんは。

    おほめいただきありがとうございます。

    そういえば,牽制球。ひとつも投げてないです。ま,そんな余裕はなかったというか,レベルまで到達していませんから。

    ちなみに。字が躍っているのは,楽しくて踊っているわけではありません。
    8時30分(=この時間までに宿題が終わらなかったら野球を辞める)まであと数分という差し迫った段階でしたので,慌てふためいて字が躍っているように見えるだけです。
    えっ?いつもの字と変わらないって?そうですね,失礼しました(^^ゞ
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 22:27
    ゆうちろさん,こんばんは。

    いや,見習うだなんてそんな。(;^_^A

    「なんとかせんといけん」の「なんとか」には,もしかしたら「なんとかして交代してもらおう」という気持ちもあったかもしれません。

    というか,一球一球,ボールを投げるだけでいっぱいいっぱいだったのかも。
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 22:35
    さとるさん,こんばんは。

    十分ポッチャリしてますよ。特に腹とほっぺた。
     本人も自覚していますから,大丈夫です。

    「なんとかせんといけん」という答えは私にとっても本当に意外でした。癒し系ブログの主人公らしからぬ発言でしたが,でも,ホントにこう言ったし,今までのエントリーでの言動にも脚色はありません。
     私は寛大な心を持った大人になることを目指しています。(^^)

    K太がこれから先,ピッチャーになれるかどうかわかりませんが「負けない気持ち」だけは持つようになって欲しいと願っています。
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 22:50
    Shinさん,こんばんは。

    いや,まだまだ×2,先の話です。

    でも,K太自身も「ピッチャーをやりたいな」という願望から「ぼくがピッチャーをやるんだ」という自覚(?)が出て来たようです。

    ようやくスタートラインに立ったというところですね。
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 22:56
    でぃあさん,こんばんは。

    カッコいいだって!
    わーい,でぃあさんにほめてもらっちゃった(^^♪
    って,ワタシじゃないですね。「K太が」ほめてもらったんですね。失礼しました(^^ゞ

    K太には,あらためて【ハート】が大事なんだよ!としっかりと伝えます。でも…
    「えっ(・・? なんでピッチャーが鳩を大事にせんといけんの?」とかボケそうで,心配です。
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 23:06
    ドラ夫さん,こんばんは。

    原石ですか。さすがドラ夫さん,うまいこといいますねぇ。

    私にも原石を磨く技術があればいいのですが,私が下手に手を出すと,原石を砕いてしまいそうなので,当面は自分自身の捕球技術を磨くことに専念しようかと思っています。
    Posted by K太父 at 2006年05月30日 23:20
    K太君、嬉しかったんだろうなぁ〜
    K太父さんの嬉しき持ちも伝わってきます。
    さらなるK太親子さんの精進を期待してますよ!
    Posted by metoo at 2006年05月31日 03:03
    metooさん,こんばんは。

    うれしかったと思います。もちろん,私もうれしかったです!

    これからもmetooさんところのブログで勉強させていただきます!
    Posted by K太父 at 2006年06月01日 00:16
    K太父様、こんばんは。
    ピッチャーやっているんですね。
    子供はやっぱりピッチャーですよね!

    私もやらせたいー!

    動画も10回くらい見させていただきました。

    左股間節に体重が乗って、腕を振り下ろすようにすると、肘も痛まないと思いますよ。

    パワーがありそうで、将来が楽しみですね。

    これからもよろしくお願いします。
    Posted by 満木 月風 at 2006年06月02日 00:00
    満木先生,こんばんは。ようこそいらっしゃいました。

    さっそくアドバイスいただきまして,恐縮です。
    まさか本当に我が子がピッチャーをすることになるとは思いもせず,ひじが痛むようなこともないだろうと思って,先生のところにアップされていた期間限定のページも斜め読みでしたので,今になって後悔しています。

    ちなみに,昨日「肘が痛い」といきなり言い出したK太ですが,今日はなんともないようです。

    もし何かあったときには,先生を頼りにさせていただきます。よろしくお願いします。
    Posted by K太父 at 2006年06月02日 01:51
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。