follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2006年05月07日

    ビギナーズラック再び?

    全学童の予選大会にも愛機のデジカメを持って通いました。(初日は開会式のみでしたが)

    大会2日目は約100ショット,3日目の準決勝では130ショット以上,決勝戦では調子に乗って,300ショットも撮影してしまいました。 (300ショットには表彰式や記念撮影なども含みますが)

    3日間とも,天候に恵まれたので,とにかくプログラムAEフルオート, 時々シャッター優先にして色々と試してみました。
    撮影場所はバックネット裏の観覧席か,自チームのベンチ付近。 攻撃時は出来るだけホームに近いところ,守備時は1塁か3塁に近いところを定位置としました。

    今回は上につながる大会なので,敵陣に近いところで撮影すると「なにかと刺激することになってまずいかなぁ」とビビッて,相手ベンチには極力近寄らないようにしたので, 1塁ベンチの時は1塁側からのみ撮影と,アングルが限られてしまいました。

    で,いつも前置きが長いんですが,今回のショットはこれ!

    IMG_0872_1

    また,ジャストミートの瞬間を捉えてしまいました。(^^ゞしかも,前回と同じ子,です。 これも狙って撮ったわけではないのですが,この子のバットスイングのタイミングとワタシのシャッターを切るタイミングの相性がいいのでしょうか? 他の子はほとんどが振り切ったあとか,その前。連写モードでも,です。
    撮影条件はプログラムAEモードでシャッター速度は1/640,絞り値は4.0でした。

    今日はもう一枚。

    IMG_0895_1

    これは,決勝戦でホームランが出た場面です。(シャッター速度1/500,絞り値4.0)
    実は,この子はこの打席の,この直前のボールをレフト線をわずかに切れる大ファールを打っていました。 ボールカウント的には追い込まれていたはずです。
    さっきのファールは『三振前のバカ当たり』というやつかなぁ…」と思っていたら, キッチリと打ち直しました!

    打ったこの彼の視線の先と,塁審のオジサンの視線の先を見てもらえばおおよそ検討がつくと思いますが, 打った瞬間に「これは入ったか!?」とわかる打球でした。
    ワタシもあわててボールの行方をファインダーで追ったのですが,残念ながら,間に合いませんでした。
    ちなみに,打った本人からも「文句」 を言われました。
    なんで,ちゃんと撮ってくれないんですかぁ(-_-メ)」 「いやぁ,申し訳ない(^^ゞ

    このほかにもファインプレーが何回もあったのに,ことごとく「そのあと」のショットしかなく…。 バッティングやピッチングは連写で数を稼ぐ事が出来るけれど,守備の時はどこに飛ぶか予想したり,プレーをファインダーで追いかけながら, ズームさせたりと,大変です。まだまだ修行が必要です。

    クリックよろしく! →人気blogランキング参加中

    posted by K太父 at 01:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球撮影日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    K太父さん、こんにちは。やはりGWは少年野球三昧だったようで。私もEOS1DMarkIIにEF28-300mmをつけて毎日グラウンドに通いました。6時半に起きて1日2試合撮影、家に帰ってコマ選び、レタッチ、HP更新の連続で結構疲れました。さすがに優勝はできませんでしたが、勝った試合の編集作業は心が躍っているのが分かります。
    それにしても連続のドンピシャ、素晴らしいです。以下に少し(結構長い?)感想を。

    >>この子のバットスイングのタイミングとワタシのシャッターを切るタイミングの相性がいいのでしょうか?
     あります、あります。高校野球以上になってくると大体タイミングが同じなので、打ちにいくときの肩の動き、足の動きなどでタイミングが取れます。少年野球は打点もフォームもバラバラで、規則的なタイミングがありません。どうしても自分の感覚と合う子と合わない子が出てきます。
     多分ブログということで三塁走者の顔を切っていると思われますが、この角度だとスクイズが撮れます。バントする打者と、ホームに向かって走ってくる三塁走者を絡めれば、どちらにピントを持ってきても絵になります。さらにスクイズを外されてボールに飛びつく打者の迫力ある(面白い)写真も撮れます。ここは得点に絡んだ写真を撮るのに非常に実入りの多いポジションですね。

    >>バッティングやピッチングは連写で数を稼ぐ事が出来るけれど,守備の時はどこに飛ぶか予想したり,プレーをファインダーで追いかけながら,ズームさせたりと,大変です。
     そうなんです。スポーツ撮影はほとんどが望遠レンズになります。肉眼に比べ極端に狭い画角に被写体を入れて外さずに追いかけるのは慣れるまで大変です。スポーツ新聞などでも守備の写真が少ないのは撮るのが難しい上に、試合を決めた守備というのが少ないからです。逆に言えば守備の写真は貴重でもあります。守備のいい写真を撮ろうと思って1試合ずーっとショート、サードを狙っていても本当に撮れるかどうか分からないぐらいです。だからこそあった時はうれしい(撮った方も子供たちも)のかも知れません。

    おっと、仕事が入りました。また、寄せてもらいます。K太父さんも少年野球の疲れを癒してGW明け、がんばってください。

    Posted by 広野ホワイト管理人 at 2006年05月07日 10:57
    K太父さん、こんにちわ^^
    またまたNiceショットですね♪
    私は2枚目のような写真が大好きです。
    ドラマを感じます。*^ー^*

    被写体との相性ってありますよね。
    どうしてだか、いつも今ひとつな子とか
    いつもバッチリ撮れる子とか・・・。

    バッティングの時のシャッターを切るタイミングですが、片目でピッチャーを見て片目はファインダーを覗いてピッチャーが投げた瞬間(ケースバイケースで微調整してください。)にシャッターを切ると結構いい写真が撮れます。
    撮影に慣れてきたらぜひ一度試してみてください♪
    (以外に簡単です。)

    私も昨日たくさん撮ってきたので今からいいのが撮れてるか探してみようと思います^ー^*
    Posted by うみ at 2006年05月07日 11:32
    私もチャレンジしましたが……
    出来は http://photo.thi.jp/v/kodama/
    連写で撮ってたんですが、なかなか上手くいきません。(トホホ)

    結局メモリーが足りず2Gを今日、オークションでGETしました。予備充電池も購入(^^♪

    今日は本当はよしきの初スタメンの練習試合の予定でしたが雨で中止!今、さっき土曜日に練習試合の予定が新しく入りました。土曜日は撮りまくるぞぉー!
    Posted by よしき父 at 2006年05月07日 18:57
    3日間で500ショット以上。
    指疲れませんか。
    ファインダー覗いてたら、見逃してしまったシーンも結構あるんじゃないですか。
    ストレス溜まるんで私にはできません。
    Posted by Skyboys広報 at 2006年05月07日 23:19
    広野ホワイト管理人さん,こんにちは。

    またまたおほめいただき,恐縮です。
    撮影してすぐに編集やホームページの更新とマメにされているんですねぇ。
    私はこの3日間は疲れてしまって,ホームページの更新にまで手が回らず,子ども達に「更新されてないよ!」と文句を言われてしまいました。

    いつも詳細なコメント,アドバイスをいただきありがとうございます。また,お越しください!
    Posted by K太父 at 2006年05月08日 11:45
    うみさん,こんにちは。

    おほめいただき,ありがとうございます。
    いやぁ,このカテゴリはみんなにほめてもらえるから気分がいいなぁ(^^)

    2枚目の写真ですが,当然,この前後のカットもあるわけで,続けて見るとその時の興奮が蘇ります。

    片目ピッチャー片目ファインダーのテクニック,いただきます!
    Posted by K太父 at 2006年05月08日 12:04
    よしき父ちゃん,こんにちは。

    おぉっと,2GBのメモリーですか!
    これなら最高画質でもガンガン撮れますね。
    予備の充電池も購入して,よしき君の晴れ舞台に向けての準備はOK!ですね。

    ちなみに単3タイプのニッケル水素電池ならサ○ヨーのeneloopがいいですよ。
    丸一日撮影してもまだまだ余裕がありました。
    Posted by K太父 at 2006年05月08日 12:20
    Skyboys広報さん,こんにちは。

    指の方はちょっとつりそうな時がありますが…

    ファインダーに集中して見逃してしまったシーンは,あまり「ない」です。
    なぜなら,そういう場面になるとついファインダーから目が離れて,撮影するのを忘れてしまうからです(^^ゞ
    そして,子ども達から「なんでさっきのプレーを撮ってないの!?」と文句を言われると…。
    修行が足りません…。
    Posted by K太父 at 2006年05月08日 12:25
    またまたベストタイミングのショットですね。バッティングフォームに関しては他のちゃんとしたコーチにお任せするとして、写真についてちょっとだけ。

    守備の写真はすごく難しいですね。キャッチャーのリード、相手の体格を見ながら予想をたててますが、なかなか思う通りにはならないもんです。
    ましてやファインプレーの瞬間となると、応援をしながらでは絶対に撮れません。勝敗に関係ない練習試合なら撮ることに集中出来るけど、選手が本当に欲しいのは公式戦でのベストプレーだし。この辺のジレンマは尽きませんね。
    Posted by かに at 2006年05月08日 16:34
    かにさん,こんばんは。

    そうですよねぇ。
    絶対に応援しながらファインプレーの瞬間を撮るなんて,無理ですよね。

    とりあえず今年と来年は,我が子がメインになることはまだないので,応援席から一歩引いて撮影に専念するつもりですが,K太が6年になったら,撮影と応援とどちらをとるか,ちょっと悩むなぁ。

    我が子のファインプレーをベストショットとして記録に残すか,それとも応援に専念して記憶に残すか…。

    K太が6年になるまでに,カメラマン兼HP管理者の後継者育成も考えておこう。
    Posted by K太父 at 2006年05月08日 23:21
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/17477933
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。