follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2008年01月30日

    ふたり組み

    もうこれはずぅっと続いているんですが,K太はキャッチボールやふたり組になっての柔軟運動などをするとき,必ずといっていいほど, あぶれてしまいます。

    だいたいは同級生でペアを組むわけですが,現5年生は7人。どうしてもひとり余ります。 4年〜3年はわりとすんなりと下級生同士でペアになるので,下手をするとK太の相手は2年生とか1年生になったりすることもあります。 ちょっとなさけないです。

    まぁ,要領が悪いんでしょうね。パッと見て,自分がペアを組もうと思った子にペアがいそうだとわかるとすぐに引いてしまう。で, ウロウロしている間に,ペアが決まっていくというわけです。

    正直,イライラします。
    ひとつは,もう最上級生になるのに,いつまでもウロウロ,おろおろしていること。
    ペアがすぐに見つからないのは仕方ないけど,いつまでも相手を探してウロウロするなよ!どっしりかまえて,「おい,おまえ!オレとペア組め! 」ぐらい言えよっ!と思ったりします。でも,言えない…。

    そういう性格だから,下級生からなめられちゃうわけですな。

    でも,もうひとつイライラすることがあります。
    チーム関係者も覗いているでしょうから,これはちょっと問題発言かもしれませんが,同級生たちも, そういうK太のことを当たり前に思っているんじゃないかということ。つまり,下級生からなめられているようなK太を「しかたないよな〜」 って思ってるんじゃないか?ということです。

    具体的にいうとですね…
    「K太くん,下級生になめられているようじゃダメだよ!」と5年生の誰かが言って欲しいし,いわなきゃダメだと思うんです。

    自分の子供がなめられているからじゃないです。念のため。

    要するに,K太がなめられているということは,5年生いや新6年生全員もなめられているということに気付いてほしいわけです。
    K太だけじゃありません。新6年生の誰かひとりでもなめられているとしたら,それは自分達全体に関わることだということをわかって欲しい。
    K太たちの学年は,どちらかというと,みんな気持ちが優しいです。そんなこともあって,K太たちの学年全体が,なめられてるんじゃないの? と思うこともあります。

    そんなチームで勝ち抜いていけるの?
    最上級生がそんな「ヌルイ」状態で,どうやって勝てるチームにしていくのさ?と思うのです。そんなんでチームがまとまるの? って思うわけです。

    今年は地区大会の4連覇がかかっています。
    子どもたちも4年連続の県大会出場を目指すと言ってます。「俺たちの代も,絶対に県大会に行くんだ!」と思っているのなら, それなりの練習をしないといけないし,自分達でできることは何でもやっていかないと,勝てないと思います。

    その辺のことをそろそろわかって欲しいなぁと思うわけです。

    とにかく,新6年生ひとりひとりが下級生になめられないようなプレイ,練習態度,技術を身に付けることが大前提です。

    なかでも,K太はもともとの性格があんなんですから,相当な技術を身につけないと,なめられっぱなしで終わっちゃいます。 (^_^;)ほんと,頼むよ〜。

    はじめは,K太はいつも「ふたり組み」であぶれちゃうんですよ〜(^^ゞぐらいで終わろうと思っていたんですが, 思いがけず長くなってしまいました。ま,そういうことです。はい。

    posted by K太父 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Hスポ少野球部〜2008.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。