follow me on Twitter
    3tamashii-for-bunkyusan.gif

    2007年11月10日

    キャッチボール,キャッチボール!

    最近の野球部の練習は,キャッチボールに長い時間を割いています。キャッチボールというのは基本ですからね。 とってもいいことだと思ってみています。

    さて,キャッチボールというのは通常ふたり一組になるわけですが,日によってはひとり余っちゃうということもあるわけです。

    そんな時は,お手伝いに出ている親とかコーチがヘルプに入るわけですね。もちろん私も時々,子どもたちの相手をさせてもらってます。

    この前の練習では,ヤンチャガールズ1年生のM嬢のお相手をさせてもらいました。なにしろ1年生でしかも女の子ということで, 出席者が奇数の時はどうしても相手が決まらないということがあるみたいです。

    このM嬢。入部当初は誰でも同じですが,キャッチボールが満足に出来ませんでした。ちょっと離れると相手に届かない。「ほら,『へい』 って言いながら,力いっぱい投げてみろ!」と声をかけても,なかなか届かない状態。キャッチングの方も,グラブを出すのが精一杯で, いつも後ろにこぼしたり,グラブに当てるだけだったり。

    ところが,この日はなかなかよいボールが私のグラブに投げ込まれていました。ちゃんとノーバンで, 私の胸元よりも上に来るボールも何度もあったし,捕る方も,まずまず。

    といっても,距離もほかの低学年の子と比べても短めで,相手をした私もかなり気を使いましたけどね。 ボールはM嬢の構えるグラブめがけて投げたりとか。声掛けも「おおっ!ナイスボール!いいね〜!」「ナイスキャッチ!うまいじゃん!」 とか,M嬢を盛上げるように,ちょっと大げさなくらいに一球ごとに声をかけたり…。

    とにかくちゃんとキャッチボールになっていました。
    ほかの低学年の子ども達はボールを後ろにそらしたり,大暴投を投げたりと,投げている時間よりも, ボールを拾いに走っている時間の方が多いような感じでしたが,M嬢と私のペアは長いことノーミスで続いていました。

    M嬢も,いつもはボールを捕りそこねて,ボールを拾いに行く時間のほうが長いような気がするんですが, この日は私のコントロールのおかげ(?)でキャッチボールらしいキャッチボールが出来たと思います。

    っていうか,M嬢,上手になったよホント。うん,一緒にしている私のほうが楽しくなりましたね〜。「すごいなぁ〜」 とちょっと感動を覚えたり。

    で,キャッチボールをしながら思ったこと。
    「高学年になった時,この子は私とキャッチボールしたこととか覚えていてくれるかな〜?覚えていて欲しいなぁ。もし,覚えてくれてたら, うれしいな〜」

    うん,やっぱりM嬢が6年生になった姿を見てみたいぞ。(^^)

    posted by K太父 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Hスポ少野球部〜2008.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。